男性

光回線サービス

光インターネット回線のサービスの1つとして、auひかりがある。auひかりは、携帯電話と合わせて利用することで割引されることや、高額キャッシュバックや長期契約での割引サービスなどが充実していることが大きな魅力である。

詳しく見る

SIMカード

お得にスマホを使おう

UQmobileは充実したサービスがたくさんあり料金も安くとても評判が高いです。新しく携帯を買う場合はぜひ選択してみてください。また、家族で加入するとさらにお得なサービスを受けることができるのも魅力的です。

詳しく見る

電話

初期費用を節約

電話を設置するには電話加入権が必要となります。事務所開設の初期費用を節約したい場合には、専門会社に相談しましょう。専門会社を利用すれば、無料で電話加入権を得ることができる上、好きな電話番号を選ぶことができます。

詳しく見る

パソコン

光回線で勧めの業者

auひかりは光回線の速度だけでなく、大手の安心感や提供されているサービスエリアの広さからもお勧めできるサービスです。オプションで固定電話サービスやひかりテレビサービスが提供されており、auの携帯回線とセットで割引が受けられる点も利用価値が高いと言えるでしょう。

詳しく見る

SIMカード

格安SIMのサービス

格安SIMサービスの1つとして、UQmobileがある。UQmobileでは、通話料定額サービスやSNSでの通信量が制限にカウントされないということがあり、評判の高さの理由となっている。また、サポート体制の充実度も人気理由である。

詳しく見る

固定電話番号がすぐ取れる

電話

電話をすぐに使う方法

NTT東日本、NTT西日本の加入電話回線を契約する為には電話加入権が重要です。施設設置負担金とも呼ばれています。電話加入権の権利所有者は、工事費を支払うことによって電話の利用を休止することができ、休止の場合は5年ごとに更新の手続きが必要です。もし更新手続きを行わなかった場合は、NTT側で更に5年間の自動延長手続きをしてくれます。戦後、旧日本電信電話公社でもあったNTTはアナログ回線の普及に必要な電線や電柱などを整備する為の資金を調達するのが難しかった為、施設設置負担金を支払った人に対して、電話に加入する権利を与えて、その資金をインフラの整備にあてました。その施策の甲斐あって、アナログ回線は全国的に普及し、日本中の広いエリアに整備されました。1968年当時、30,000円だった設備料は、2005年に施設設置負担金は36,000円に改訂されました。NTTの電話回線を経由しない直収型電話や光ファイバーが登場し、電話加入権の不要な新しい電話回線のインフラ手段が広がりましたが、電話加入権を必要とした通信設備は災害時のライフラインとして重要となります。実際に東日本大震災時には、多くの方がスマートフォンや携帯電話から一斉に安否確認の連絡を取ろうとする為、通信が制限され、ほとんどの場合つながらなかったのですが、NTT加入電話での安否確認が取れた例も数多くありました。NTT加入電話は電話基地局に非常用発電設備などを備えているので、公衆網に供給する電気を確保できるからです。

Copyright© 2018 電話加入権を参考にしておこう【利用したいところが見つかる】 All Rights Reserved.